ツアーやパック旅行はいろいろな会社を比較して決めたいですね スポンサードリンク

海外旅行のパスポート取得

海外旅行が決まったら、今まで海外に行ったことない場合は
まずパスポートを取りましょう。

とにかく、パスポート無しでは海外には旅行出来ません。
国際線のパイロットが、パスポートを忘れたため
飛行機が遅れた事例もあるほどですよ。

というわけで、一応、海外旅行必携のパスポートの取得と
申請方法についてカンタンにですが説明しておきます。

パスポートの申請費用は10年旅券、16,000円です。
そして5年旅券をえらぶこともでき、こちらは11,000円の申請費用がかかります。
(ちなみに12歳未満の料金形態はまた別)
海外旅行に何度も行く気持ちのある方は10年でよいでしょう。
取得してあると、思い立った時点で、すぐに旅行にでられますよ。

パスポート取得に必要な書類としては、
1、 一般旅券発給申請書 1通 
申請書は、それぞれのパスポート申し込み窓口や、旅行会社でも入手かのうなこともあります。
2、戸籍謄(抄)本 1通
3、住民票 1通
住民基本台帳ネットワークシステムで確認可能な方については、原則不要のようです。
4、写真 1枚
6か月以内に本人のみが撮影されていて、無帽で正面を向いたもの。
スナップ写真や背景があると使えません。
5、郵便はがき(日本郵政公社が発行する通常はがき) 1枚 未使用のもの。
6、申請者本人に間違いないことを確認できる書類 (有効な書類の原本に限ります)

パスポートの申請は、住民票を登録している都道府県の旅券課で行っています。
申請窓口は県庁の本庁内に設置されている場合が多いですが、
ほとんどの都道府県で、それ以外にも申請窓口を設けているようです。
申請受付の時間はどこでも同じというわけではないですが9時〜16時30分が多く
受けとれる時間帯も同様です。
土・日曜日・祝日・年末年始は申請受付と受け取りは休みになっていますが、
東京などは日曜日にも受け取りができますよ。

休みあけの月曜日は混む時間帯のようです。
とくに昼間から夕方にかけて混み合うこともしばしばです。
特にお盆時期の夏休み時期や年末年始の前はかなり混雑するので
この時期に申請する人は、比較的空いている午前中に行く方がよいかも知れません。

旅行日程ギリギリの発行で、心配になることのないよう
余裕を持って出かけたいものです。




スポンサードリンク