ツアーやパック旅行はいろいろな会社を比較して決めたいですね スポンサードリンク

新婚旅行のパスポート/続き

ハネムーンで海外旅行する際の、新婦さんのパスポートの件
ちょっと補足しますね。

ハネムーンに限らず海外旅行で出国するに
パスポート上に記載された名前と、戸籍上の名前が違っても
海外に行かせてもらえないわけではありません。

ただ海外旅行先で、“何か事故にあった時”などは
身元の確認が遅れたりするケースもあるので、その点は困ることもあるそうです。

また旅行中の盗難・紛失などでも、現本籍と氏名、パスポートの記載事項が不一致だと
トラブルの原因になる可能性があります。

万一が心配な方は海外旅行の前に
訂正申請での名義変更手続きをされるといいでしょう。
ただし、前にも書きましたが、
ツアー(特に飛行機)の予約が旧姓の名前で完了している場合は
絶対に、あとからパスポートの名義を換えたり新しく取得し直してはいけません。

航空機のチケットの名義とパスポートの記載が違うと
何があっても乗せてもらうことはできませんから気をつけましょう。

名義変更しても、もともとのパスポート上に訂正されるだけで
しかもサインは変更できずにそのままです。
名義と署名が違うという妙な事態になるわけで、この方がややこしいと思うのですが
実際これが気になるのは、日本語を読める人だけでしょうから
海外では問題ないのかもしれませんね。

ただ、クレジットカードの名義とパスポートの記載が違っていたりすると、
免税品店での買い物とかはしにくいかもしれませんね。

クレジットカードの名義変更もそれなりに余裕をみなくてはいけませんので
緊急でしたら、スピード発行してもらえるタイプのカードを1枚
新しく作ってしまうのも“手”かもしれません。

もちろん海外旅行保険が付いているものがオススメですよ。

いろいろ合わせて考えると、ハネムーンまでに時間的余裕がないなら、
旧姓のまま行くのが安心で、多くの新婚カップルがこうして出かけています。

かなり時間的余裕がある場合は、パスポートの残存期間があまりないようでしたら
思い切って新姓で取り直すのもいいのではないでしょうか。

ここで今度注意が必要なのは、海外で挙式を上げる予定の
ハネムーナーさんたちです。

もし、日本で先に入籍を済ませていると“既に結婚済み”との判断で
結婚式が出来ないケースが、国によってはあるようです。

思い出になる挙式になるように準備した努力も、水の泡ですから
こちらも充分注意して下さい。


新婚旅行のパスポート

ハネムーンで新婚旅行する際、特に気を付かなければいけないのは
新婦さんのパスポートです。

現在日本では、海外旅行経験者は女性のほうが多いわけですから
結婚前にパスポートを取得しているケースがほとんどなのではないでしょうか?

この場合、気にかかるのはパスポートに記載されている名前ですね。

結婚式を挙げただけなら、戸籍上の名前は変わっていませんので
そのまま新婚旅行に出発できますが、旅先では他人として認識されます。

新婚旅行が、はじめての海外になる場合も
婚姻届を出す前に旅行の予約や航空券手配をするなら、やはりパスポートは
旧姓のままで取得することになります。

パッケージツアーなどに参加していると、添乗員さんに点呼される時には
必然的にパスポートでのお名前で呼ばれてしまいますので
気になる方は、あらかじめ事情を話しておきましょう。

どうしても旅行先で、ご夫婦として扱われたいと思う場合は
早めに入籍はすませて、新しい戸籍でパスポートを取得しましょう。

現在はパスポートの有効期限も10年ありますし
旧姓のまま行くか?とか、入籍を先に済ませてからパスポートを変更するなり
新しく取り直すか?とか、いろいろ悩むと思います。

でも実際は、そうした名前自体はどうでもいいことで
(本当はどうでもいいわけではありませんが)
自分の戸籍上の名前と、パスポートの名前が違っても、海外旅行へ出国することは
可能です。

海外旅行に出発するにあたって、いちばん重要なことは
“航空機の予約名とパスポート上の名前が一致しないこと”なのです。

もし、この2つが一致しない場合、あなたは飛行機に乗せてもらうことはできません。

憧れの新婚旅行も取りやめですね(涙)。

そんな悲しい事態を起こさないよう、いったん航空機の予約を入れてしまったら
何が何でも予約名のままのパスポートを持って空港に行き、
チェックインしなくてはなりません。

このことを間違えないようにしましょう。


新婚旅行の行き先

新婚旅行でオススメなのは、パリなどの観光地よりも
どちらかといえばゆったり過ごせるリゾート地ではないでしょうか?

パリやニューヨークのような大都市も、
観光や観劇、お買い物と、遊び回るには楽しい渡航先ですが
せっかくのハネムーンですから
「ふたりだけの時間を過ごしたい」と考える方も多いと思います。

美術館への入場のために長蛇の列に並んだり
お店の営業時間を気にしての予定を組んだりもありません。

何よりも、チケット類の手配・予約を、あれこれとしたりしなくてはならない
観光地系に比べ、リゾート地ではそういった心配は皆無ですから
ケンカのタネも少なくてすみますよ(笑い)

いまや、バックパッカーのスタイルで貧乏旅行を続けながら
世界一周してしまうような新婚旅行もある時代ですから
当の2人ともがどうしても行きたいと思っている旅行先があるなら
もちろん、そこを選ぶのがいちばんです。

が、たんに「ハネムーンに行きた〜い!」というのであれば
せっかくですから、夢見心地で過ごせる場所に行きましょう。

お手軽なのは、ハワイやバリ島のように飛行機の便数も多く
アクセスしやすいところが、やはりツアーなども多く販売されていますが
断然人気なのは、アジアリゾートなどでのコテージに宿泊するタイプのツアーです。

女性誌などでも、アマンダリやマレーシアの水上コテージなどが
たびたびよく紹介されていて、その人気の高さがうかがえます。

コテージには、部屋付きの露天風呂ならぬプライベートプールがあったり
本当に極楽気分で、日本に帰るのがイヤになるくらいです。

もし予算だけでなく、日程にも余裕があるなら
モルジブやタヒチ、さらにはカリブ海でのリゾートも楽しめます。

オールインクルーシブのツアーも多いので
一生に一度と割り切って、
思いっきりゴージャスなハネムーンを経験してみて下さい。



スポンサードリンク