ツアーやパック旅行はいろいろな会社を比較して決めたいですね スポンサードリンク

ハワイ旅行とTSAロック

ハワイに旅行する際の注意で忘れてはいけないのが
預け入れの荷物「スーツケースに関して」です。

機内持ち込みには、液体制限などがあるので
それはそれで気をつけないとだめですけど。

ハワイ旅行に限らずグァムやサイパン、アラスカ等もいれて
アメリカ合衆国圏への渡航の際には
空港の手荷物検査で荷物に鍵をかけることが禁止されています。

空港でスーツケースなどを預ける際に、カバンを開けて検査されることもあり
ロックしてあると、鍵を壊して開けられる可能性も高く
そのせいでスーツケースが壊れても
何の保証も受けられないことになっています。

さらにこの場合、盗難に関しても旅行保険はおりません。

そうは言われても、ロックもせずにカバンを預ける側としては
中身の盗難がいちばん心配なわけです。

この「カギをかけないで荷物を預ける不安」に対応できうるのが
『TSAロック付き』スーツケースやスーツケースベルトです。

このロックは、TSAによって認可・容認されたものなので
空港での荷物検査の際、TSA職員が特殊なツール(マスターキー)を使用して
底部の鍵穴からロックを開錠できる仕組みになっています。

もちろん、検査後は再び施錠してくれますので
一般の人がスーツケースを開けることはできません。

2008年春のハワイ旅行の際も
実際に預け入れ荷物は、開けられていましたので
この状況は今後も続くと予想されます。

なにせ、ハワイ出国時
(要するにハワイ発の飛行機に乗る前)
人間自体のほうの検査で、金属探知機を探知機をくぐる時に
なんと靴を脱がされ(靴下は履いたままでしたが)
裸足のような状態で通過させられました。

厳重です、ほんと。

ハワイに限らずアメリカ圏に旅行するのでしたら
スーツケースは『TSAロック付き』でいかれる方が
面倒が少ないと言えそうです。


でも、私のお気に入りはこちらですけど。



こんなにカワイイのにTSAロックキーなんですよ。
スーツケースの目印代わりにも役立ってます。

ハワイ・オアフ島観光の予備知識

ハワイ観光で気になることのひとつには
お天気があげられると思います。

せっかくのハワイ旅行ですから、青い空に青い海が理想ですよね。

ハワイには雨期と乾期がありますが
日本の梅雨のように一日中雨が降るわけではありません。

一時的なシャワーがきて、大体は1時間もしないうちに
上がってしまうでしょうか。

そして、シャワーのあとにはハワイ名物の虹が!
運のいい方はダブルアーチの虹に出会うこともできますよ。

ですので、リゾート地への旅行だからといって
無理に乾期にスケージュールを合わせる必要もないかと思います。

ビーチリゾートと言ってもワイキキはそれほどまでして泳ぐ海ではありません。
キレイな海なら、やはりハナウマ湾に行きましょう。

シュノーケリングで魚を見るなら午前中にどうぞ。

ただし自然保護のため、サンオイルや日焼け止めを塗って
海に入ることはできませんので、念のため。

ハナウマ湾の近くには、ハロナの潮吹き穴がありますので
満潮時に時間が合えばダイナミックな潮吹きを見ることができます。
が、逆に干潮時には
ほとんど潮が吹かないのでタイミングには注意が必要です。

オアフ島の観光スポットを効率よく回りたいなら
オプショナルツアーなどに申し込んでしまうのもよいと思います。

旅行会社のHISカウンター(DFSギャラリア・ワイキキ内)や
ジェーシービープラザなどで扱っています。

乗車人数はその時の参加状況で前後しますが
高級リムジンでのオアフ島一周が体験できますよ。

多くのツアーは朝から夕方までのほぼ1日を掛けて
ダイヤモンドヘッド、パールハーバーや、いろいろなビーチを回ります。

とは言え、この高級リムジンのオアフ島一周ツアーでは
見学のみで、実際に海に入って泳ぐことはしませんから水着は不要です。

ただ、このリムジン
海岸沿いの曲がりくねった道を走るのですが
シートクッションがものすごく柔らかく、人数が多い時は
車の進行方向に対してバスのように横向きで座る可能性もあるので
車酔いしやすいです。

事前に酔い止めの薬を飲むと少しは安心かもしれませんが
残念ながらクルマに酔いやすい方には、ちょっとお薦めできません。

せっかくの旅行ですから
具合が悪くなって楽しめなかったなどという事態にならないよう
下調べ万全でお出かけください。



ハワイ旅行の注意点

ハワイ旅行を計画する際に
利用する飛行機の便の選び方が重要なポイントとして
あげられのではないでしょうか。

これは、ハワイへの到着時刻が
航空会社、エアラインの選び方で大幅に違うためです。

パックツアー、フリーツアーの多くは
成田空港を夜に出発し、ホノルル空港の到着が
現地時間の早朝というパターンです。

飛行機の中では、機内食が2回(夕食と朝食)供され
映画の上映等もあり
ぐっすり安眠できる時間は、さして取れません。

実際の日本時間では深夜にあたる頃
どちらかと言えば、寝不足の状態でのホノルル到着となるわけです。

しかし、この時間ではホテルにはチェックインできません。

パッケージツアーの場合は、チェックインが可能な時間まで
バスでのオアフ島観光などを行い、時間調整をはかります。

とはいえ、長いフライトでの疲れもありますし
できるだけ早くホテルに入り、荷物から解放されて
部屋でゆっくりしたいところです。

ツアーの条件によっては、追加料金で
アーリーチェックインが可能な設定もありますので
どうしても「体力的に辛いのは苦手」という方は
検討されるとよいでしょう。

ただし!
ここで早くホテルの部屋に入ったからといって
日本時間に合わせて、眠ってしまってはいけません。

ちょっとのつもりが、ぐっすり眠ってしまうと
ハワイでの昼の時間をムダにしてしまうだけでなく
いざ夜になると眠れません。

これがいわゆる時差ボケです。

到着時にかなり眠くても、なるべくガマンして、
ハワイ時間での行動を心掛けましょう。


また、日本から直行できないハワイ島やカウアイ島に
その日のうちに到着するためには
ホノルル空港からの乗り継ぎ便はかなり限られてきますので
あらかじめ同日着を確約しているパッケージツアーに
申し込むのが安心かと思います。

ハワイ旅行概要

ハワイは年間を通じて人気の旅行先といえますね。
ハワイ旅行が、最初の海外旅行になる方も多いことでしょう。

たしかにハワイは、リゾート地でありながらも
都会の楽しみ方もでき、大自然のすばらしさも体験できる
海外旅行初心者にはうってつけの土地といえますね。

かなり以前は、食べ物があまりにアメリカ的で
和食好きの日本の方にはちょっと不評な一面もありましたが
いまは大勝軒のようなラーメンをはじめ
日本の有名懐石料理屋さんやお寿司屋さんも数多く出店し
食事の不安はまったくと言っていいほど感じません。

ハワイアンのローカルフードを楽しみたいなら
クレジットカード会社現地トラベルデスクカウンター
(例えばJCBプラザなど)などで相談すると
日本人の口によく合う美味しいお店を紹介してもらえますし
予約もできます。

ニホンジンの好みは、やはり日系の人に聞く方が
はずれにくいものです。

JCBプラザでは日本語でレンタカーの手配などもできますから
国際運転免許証を取っていくこともおススメできます。

クルマでの移動手段があれば
ハワイの楽しみ方も、ぐっと広がります。

オアフ島では、ホノルルのホテルに宿泊するケースが
ほとんどと思われます。

ワイキキビーチは目の前で便利ではありますが
街ナカの繁華街。

島の一番遠い北側には
夕焼けの美しいサーフポイント・ノースショアがありますし
アクセスしにくいワイキキの裏側のカイルアビーチ、ラニカイビーチなど
景色の良いビーチに手軽に訪れることが可能です。

カイルアビーチに行ったら、かならず
『ブーツ&キモズ』でマカダミアナッツソースのパンケーキを
食べるをお忘れなく!




スポンサードリンク