ツアーやパック旅行はいろいろな会社を比較して決めたいですね スポンサードリンク

当たりツアーとハズレのツアー

ツアーの当たり外れは、
実際に旅行に出かけてみるまで分かりません。

ちょっと乱暴な言い方ですが
ある意味“賭け”の部分は大きいのです。

航空機の遅れや、天候の荒れなどは
不可抗力というしかありませんし
その他、自分の不運を嘆きたいようなケースもありますが
こうした“ハズレ”に出会いがちなのが
いわゆるピーク時の旅行です。

力のある旅行会社は、航空会社やホテルをはじめ
現地旅行代理店とのパイプも太く
旅行者の集中する年末年始や、ゴールデンウィーク、夏休み等でも
一定の席数や部屋数を確保できますが
旅行代金を安めに設定しているところでは
その金額に見合った条件の飛行機やホテルを用意できないケースが
多々あるのです。

例えば、ヨローッパ方面のツアーで
料金を他所の旅行会社よりも、かなり押さえている
安めのツアーの場合は
飛行機が直行便でない可能性がかなり考えられます。

とりあえず、できるだけ安く手配できた航空会社での利用で
現地に入るためです。

この場合、ムダな移動時間が増え
現地滞在時間が少なくなってしまいますので
そのつもりでいた方がよいでしょう。

乗り継ぎによって、預け入れした荷物が
ロストバゲージとなる確率も上がってしまいます。

また、ホテルが観光地から遠い場所になってしまうパターンも
ありがちです。

ベニスのような小さな街では、その土地に宿泊することができず
運河の外の最寄りの街のホテル泊になったりして
旅の情緒を味わうという観点からは
その旅行の魅力は半減してしまうでしょう。

パンフレットなどを読む時には
どこまでの内容が『確約』されているのかに
よく注意することが必要ですね。

団体パックツアーのハズレ話は、また次に。

格安ツアーの良い点、悪い点

格安ツアーのメリットとデメリットのお話です。

海外旅行もシーズンオフには
ビックリするくらいの金額のツアーが売り出されていますね。

ソウルや、台湾、グアム・サイパンなどは
国内旅行に行くよりも安い価格ですから、お休みが取れるなら
ぜひとも行ってきたいところです。

格安ツアーのメリットは、
いうまでもなく「旅行代金が安い」ことですよね。

パッケージツアーにしろ、フリーツアーにしろ
ツアーとして販売されていますから
少なくとも、飛行機代とホテル代がそこに含まれているはずです。

にもかかわらず、2泊3日2万9800円!とかなんですから
スゴすぎです(笑い)

個人で飛行機とホテルを手配していこうとしたら
どうがんばっても、こんな金額で旅行するのは不可能です。


でも、この2泊3日も
利用する航空機の便によっては、現地滞在時間が
結局、丸一日くらいしか取れないパターンもあるのです。

これが、デメリットのいちばん大きなポイントでしょうか。

飛行機会社では、利用客の少ない便を
ガラガラの状態で飛ばすよりは、チケットを安くしても
乗客に乗って欲しいためなんですね。

さらに、格安ツアーの場合は
宿泊するホテルも、ギリギリまで確定しないこともよくあります。

これも、旅行会社のコストの問題で
できるだけ安い金額で泊れるホテルを手配しているためです。

グレードの高いホテルに宿泊できないのは、もともとですが
いくつか設定されているホテルのなかでも
自分で選ぶことはできませんし
場合によっては、まるで記載されていないようなホテルに
回ってしまうこともあります。

ホテルが決まらないということは、
自分の滞在する地域がどこだか分からないということです。

これによって、観光の計画が
なかなか進められないケースも出てきます。

とりあえずその都市に行ってみたい、とか
何度も訪れた場所だから様子は分かっている、
ある目的だけのために行けばイイ、などの方には問題ないでしょう。

もしそうではなく、観光気分満々で
格安ツアーを利用して海外旅行に行く際は
「あまり多くを望まない」くらいの気持ちでいた方が
いいかもしれませんね。

格安ツアーは、その料金的メリットを上手に利用して
海外旅行を楽しみましょう。



スポンサードリンク