ツアーやパック旅行はいろいろな会社を比較して決めたいですね スポンサードリンク

マカオのカジノ

マカオのカジノはなんとなく二局化の方向にあるようです。

ポルトガルから変換されて10年。
それ以前からあるホテルにあるカジノは、いまや中国本土からの人たちの
賭博場と化していて、どちらかというと
彼らは遊びじゃなくて、真剣に“稼ぎに”来ている様子です。

今回はリスボアホテルのカジノをメインに話してますが
バカラのテーブルとか、漢字が並列で書かれていて何とも不思議な感覚。
そして、煙い!
一回り見学しただけでも、服とか髪の毛がタバコ臭くなるので
苦手な方は要注意です。

片や、タイパとかの方に新しく出来ている
外資系のドーンとしたリゾートホテルなどのカジノは
どちらかというと、ラスベガス風。
といってもゴメンナサイ、わたくし本家ラスベガスは未経験です(笑)


カードゲームはルールは一緒なので、なんとなくは理解できますが
賭け方とかなんかは、しばらく観察してても今ひとつ分かりづらいですねー。
(って、わたしのアタマの出来が悪いだけかもですけど)

スロットマシーン(組み合わせが何通りもあって複雑)や、
ポーカーなどのマシーンももちろんありますので
ディーラー相手に賭けなくても遊べることは遊べますが
カジノを体験してみたいと考えている人は
一度くらい日本で練習してから行った方が楽しめると思います。

そういえば、ここではルーレットを見かけなかったなー。
あったらやりたいと思ってたのに…

カジノに慣れている方、賭け事のお好きな方には楽しめると思いますが
ちょっとだけ遊んでみたいとか言うのは意外に難しい気がしますね。


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20091220/20091220-00000018-jnn-int.html

スポンサードリンク