ツアーやパック旅行はいろいろな会社を比較して決めたいですね スポンサードリンク

パリ旅行おすすめ美術館1

パリへの旅行はパックツアーにしろ、個人旅行にしろ
美術館巡りが欠かせないもののひとつだと思います。

パリ旅行が初めての方は、まずはルーブル美術館!と思ってしまいがちですが
ものすごく絵画に興味があるというわけではないのでしたら
長々と並んでまで見学する必要もないかもしれません。
わざわざ見る価値がないという話ではなく、話のタネや観光の一環くらいに考えているなら
スッパリやめてしまうという手もある、ということです。

そもそもかくいう自分は、パリに行くたび必ずルーヴル美術館には
足を運んでいますけど(笑い)。

もちろん、時間的に余裕があるようでしたらルーブル美術館で
モナリザやミロのビーナスといった名画名品を鑑賞していただきたいですが
古典的な作品を若干退屈に感じられたり、所蔵品の量の多さに圧倒されて
何を観たのか分からない、何も印象に残らないというような状態にも陥りがちです。
お目当ての作品をあらかじめチェックしておくといいと思います。

パーッケージツアーなどで参加する場合は、ガイドさんか添乗員さんが
効率のよい回り方で一緒に案内して下さるはずですし
有名な作品には解説も付けてもらえるでしょうからあまり問題ないはずです。

個人で廻るなら、前売り券や、ミュージアムパスを事前に購入し
(JCBプラザ・パリなどで買えます)
早めの時間から並ぶように準備して望みましょう。

中庭のガラスのピラミッドの地下がメインエントランスで
手荷物チェックがありますので、荷物は少なめにどうぞ。
ちょっと分かりにくいかもしれませんが
カルーゼル門の左の方にあるライオンの門Potre des Lionsから入る方が
空いています。
ナポレオンホールに受付には、日本語表記の館内マップ付きのガイドも
無料で置いてありますから手に入れてから入るようにしましょう。

リシュリュー翼の回廊内にあるカフェ・マルリーは、お茶にしては
ちょっと高めなお値段ですが、天井も高く、天気の良い日には快適ですよ。



スポンサードリンク