ツアーやパック旅行はいろいろな会社を比較して決めたいですね スポンサードリンク

パリ旅行の食事

パリに旅行したら、豪華フランス料理を食べてみたいという方も多いと思います。
もちろんパリには高級レストランがいくつもありますから、旅の思い出や話のタネに、
そうした有名シェフのお店などで食事をするのもステキです。
ル・ムーリスやグラン・ヴェフール、吉野建さんのステラ・マリスも
ぜひ行ってみたいお店です。
フランス旅行に限らずですが、そうした高級レストランではメニューが読めないと
ちょっと辛いですね。
多少フランス語が読める人でも、どういうわけかレストランやカフェのメニューは
手書きやおしゃれな筆記体で表記されているものが多く
“文字そのもの”の判別がしにくいんですよねー。

もし、あなたにフランス語の会話力や読解力に不安があり、
経験値としてだけそうしたレストランを訪れてみたいのであれば
ジェーシービなどのカード会社が用意している専用メニューなどを利用してみましょう。

たしかに、選択肢は狭くなってしまいますが
テーブルで何が書かれているのかまるで分からないメニュー相手に
ウンウン唸りながら格闘しなくてすみますよ。

ヨーロッパに限らずですが、海外旅行に行った先の食事も
ツアーなどについている場合は、日本人好みのメニューで
あらかじめ用意されていることが多いですし、量もさほど多くありません。

ところがフリータイムなどで個人で訪れると
ちょっと食べにくいものを選んでしまったり、量が多くて食べきれなかったりすることも
しばしばですが、じっさい私がJCBで利用したメニューは
日本人向けにチョイスされたものは口にも合いやすく、量も適量でした。

でも、高級店はなかなかセットメニューを用意していない店がほとんどですから
アラカルトで注文せざるを得ませんので、前菜、スープ、メイン、デザートと
ひとつひとつ頼んでいるとお腹がいっぱいを超えてきます。

海外旅行での高級ホテルやレストランに場慣れしている方なら
何でもないことでも、初めて訪れる観光客には緊張の連続です。
ズラ〜っと並んだワインリストを開いたひには、本当にめまいがしそうですから。

まぁ、それは私だけのことかもしれませんが
せっかくおいしいお料理をいただきにレストランに行くのですから
余計な心配はしたくありません。
カード会社の専用メニューなどで予約すると、レストランに
なめられる扱いをされるような気がしてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが
そんなところで見栄を張るより、簡単な手順で楽しい思い出を増やす方が
いいと思いませんか?


スポンサードリンク