ツアーやパック旅行はいろいろな会社を比較して決めたいですね スポンサードリンク

新婚旅行のパスポート/続き

ハネムーンで海外旅行する際の、新婦さんのパスポートの件
ちょっと補足しますね。

ハネムーンに限らず海外旅行で出国するに
パスポート上に記載された名前と、戸籍上の名前が違っても
海外に行かせてもらえないわけではありません。

ただ海外旅行先で、“何か事故にあった時”などは
身元の確認が遅れたりするケースもあるので、その点は困ることもあるそうです。

また旅行中の盗難・紛失などでも、現本籍と氏名、パスポートの記載事項が不一致だと
トラブルの原因になる可能性があります。

万一が心配な方は海外旅行の前に
訂正申請での名義変更手続きをされるといいでしょう。
ただし、前にも書きましたが、
ツアー(特に飛行機)の予約が旧姓の名前で完了している場合は
絶対に、あとからパスポートの名義を換えたり新しく取得し直してはいけません。

航空機のチケットの名義とパスポートの記載が違うと
何があっても乗せてもらうことはできませんから気をつけましょう。

名義変更しても、もともとのパスポート上に訂正されるだけで
しかもサインは変更できずにそのままです。
名義と署名が違うという妙な事態になるわけで、この方がややこしいと思うのですが
実際これが気になるのは、日本語を読める人だけでしょうから
海外では問題ないのかもしれませんね。

ただ、クレジットカードの名義とパスポートの記載が違っていたりすると、
免税品店での買い物とかはしにくいかもしれませんね。

クレジットカードの名義変更もそれなりに余裕をみなくてはいけませんので
緊急でしたら、スピード発行してもらえるタイプのカードを1枚
新しく作ってしまうのも“手”かもしれません。

もちろん海外旅行保険が付いているものがオススメですよ。

いろいろ合わせて考えると、ハネムーンまでに時間的余裕がないなら、
旧姓のまま行くのが安心で、多くの新婚カップルがこうして出かけています。

かなり時間的余裕がある場合は、パスポートの残存期間があまりないようでしたら
思い切って新姓で取り直すのもいいのではないでしょうか。

ここで今度注意が必要なのは、海外で挙式を上げる予定の
ハネムーナーさんたちです。

もし、日本で先に入籍を済ませていると“既に結婚済み”との判断で
結婚式が出来ないケースが、国によってはあるようです。

思い出になる挙式になるように準備した努力も、水の泡ですから
こちらも充分注意して下さい。



スポンサードリンク