ツアーやパック旅行はいろいろな会社を比較して決めたいですね スポンサードリンク

ハワイ・オアフ島観光の予備知識

ハワイ観光で気になることのひとつには
お天気があげられると思います。

せっかくのハワイ旅行ですから、青い空に青い海が理想ですよね。

ハワイには雨期と乾期がありますが
日本の梅雨のように一日中雨が降るわけではありません。

一時的なシャワーがきて、大体は1時間もしないうちに
上がってしまうでしょうか。

そして、シャワーのあとにはハワイ名物の虹が!
運のいい方はダブルアーチの虹に出会うこともできますよ。

ですので、リゾート地への旅行だからといって
無理に乾期にスケージュールを合わせる必要もないかと思います。

ビーチリゾートと言ってもワイキキはそれほどまでして泳ぐ海ではありません。
キレイな海なら、やはりハナウマ湾に行きましょう。

シュノーケリングで魚を見るなら午前中にどうぞ。

ただし自然保護のため、サンオイルや日焼け止めを塗って
海に入ることはできませんので、念のため。

ハナウマ湾の近くには、ハロナの潮吹き穴がありますので
満潮時に時間が合えばダイナミックな潮吹きを見ることができます。
が、逆に干潮時には
ほとんど潮が吹かないのでタイミングには注意が必要です。

オアフ島の観光スポットを効率よく回りたいなら
オプショナルツアーなどに申し込んでしまうのもよいと思います。

旅行会社のHISカウンター(DFSギャラリア・ワイキキ内)や
ジェーシービープラザなどで扱っています。

乗車人数はその時の参加状況で前後しますが
高級リムジンでのオアフ島一周が体験できますよ。

多くのツアーは朝から夕方までのほぼ1日を掛けて
ダイヤモンドヘッド、パールハーバーや、いろいろなビーチを回ります。

とは言え、この高級リムジンのオアフ島一周ツアーでは
見学のみで、実際に海に入って泳ぐことはしませんから水着は不要です。

ただ、このリムジン
海岸沿いの曲がりくねった道を走るのですが
シートクッションがものすごく柔らかく、人数が多い時は
車の進行方向に対してバスのように横向きで座る可能性もあるので
車酔いしやすいです。

事前に酔い止めの薬を飲むと少しは安心かもしれませんが
残念ながらクルマに酔いやすい方には、ちょっとお薦めできません。

せっかくの旅行ですから
具合が悪くなって楽しめなかったなどという事態にならないよう
下調べ万全でお出かけください。




スポンサードリンク