ツアーやパック旅行はいろいろな会社を比較して決めたいですね スポンサードリンク

マカオのカジノ

マカオのカジノはなんとなく二局化の方向にあるようです。

ポルトガルから変換されて10年。
それ以前からあるホテルにあるカジノは、いまや中国本土からの人たちの
賭博場と化していて、どちらかというと
彼らは遊びじゃなくて、真剣に“稼ぎに”来ている様子です。

今回はリスボアホテルのカジノをメインに話してますが
バカラのテーブルとか、漢字が並列で書かれていて何とも不思議な感覚。
そして、煙い!
一回り見学しただけでも、服とか髪の毛がタバコ臭くなるので
苦手な方は要注意です。

片や、タイパとかの方に新しく出来ている
外資系のドーンとしたリゾートホテルなどのカジノは
どちらかというと、ラスベガス風。
といってもゴメンナサイ、わたくし本家ラスベガスは未経験です(笑)


カードゲームはルールは一緒なので、なんとなくは理解できますが
賭け方とかなんかは、しばらく観察してても今ひとつ分かりづらいですねー。
(って、わたしのアタマの出来が悪いだけかもですけど)

スロットマシーン(組み合わせが何通りもあって複雑)や、
ポーカーなどのマシーンももちろんありますので
ディーラー相手に賭けなくても遊べることは遊べますが
カジノを体験してみたいと考えている人は
一度くらい日本で練習してから行った方が楽しめると思います。

そういえば、ここではルーレットを見かけなかったなー。
あったらやりたいと思ってたのに…

カジノに慣れている方、賭け事のお好きな方には楽しめると思いますが
ちょっとだけ遊んでみたいとか言うのは意外に難しい気がしますね。


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn/20091220/20091220-00000018-jnn-int.html

香港のオススメお土産

香港のお土産でわたしの個人的No.1は
ヨンキー酒家(Yung Kee Restaurant)のピータンです。

香港島側のセントラル(中環)にある老舗料理店で、
漢字で書くと「金へんに庸」の字に「記」で
ヨンキーとかヨンゲイに近い発音です。


一番人気は、かの有名な「飛機鵝・フラインググース」
(飛行機に乗って跳ぶ鵞鳥)と呼ばれたローストグースなのですが
肉類の持ち込みは検疫的に多分ダメなんですよね?
(ちょっと自信はないのですが)

というわけで、いつもピータンを購入して帰ってくるわけですが
ここのピータンはそんじょそこらのものとはふた味くらい違うんです。

白身は濃い紅茶のような色で透き通っていて
黄身部分はとろっと半熟卵のような食感で、ホントに美味しいです。
下手物がダメな方に、無理にオススメはしませんが
ピータンってどこが美味しいの?とか、あまり好きじゃないという人にも
試してみてもらいたいお味ですなんですよね。

それにレストランの方もとても美味しいので、
出来ればお土産だけでなく、お店でも食べてみてほしいです。

パッチョーハー白灼蝦というエビの蒸した(茹でた?)だけのものとか
プリップリで、いくつでも食べられますし
海鮮清蒸というお魚を丸ごと1匹蒸したもの(特に石班)も
とろけるようなおいしさで、わたし的には香港ならでは!とか
思っちゃってます。
本当は大人数ならいろいろ頼めるので、なおベターですよ。

お土産にお勧めしているピータンは
レストランに入らなくても。店舗のすぐの左横に
テイクアウト専門のコーナーがありますからそちらで購入可能です。

ただし、ふつうに注文すると、お店で食べる時と同様にショウガ付きで
ギフトボックス入りの6個が1単位です。
日本まで持って帰ることを考えると生姜は抜いてもらった方が
いいかと思います。(お値段もその分下がります)

お時間の取れる方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう?

スポンサードリンク